電飾模型展示会「DORO☆OFF」に参加しました!

電飾模型展示会「DORO☆OFF」に参加しました!

ツイッターでは報告しておりましたが、10/7(土)~8(日)にかけて、東京浅草橋で開催された、
電飾タイムのある模型作品展示会「DORO☆OFF」に、1日だけでしたが参加させていだきましたので、遅まきながらレポートします。

今回は、社内で有志をつのり「FORCOLLE電飾模型部」を結成、純粋に「電飾模型愛好家」として初参加させていただきました。

出展作品は「パシフィック・リム」の、ジプシーとカイジュウの死闘を再現した作品と、ワンフェスでも展示していた、どろぼうひげさんの作例ブログを参考にさせていただいた「スターウォーズ」を展示しました。

会場での自分たちの写真をほとんど撮っていなかったので、前撮り写真ですみません。。。

 

写真でもちらっと見えていますが、近々発売予定の「電飾LEDコネクタ」を使用した電飾模型です。
コントロールボックスからお手軽に照明演出を変えられるので、電子知識がなくても電飾模型を楽しめます。

また、ジプシーのプラズマキャノンやカイジュウの体に蛍光塗料を塗って、ブラックライトのスポットライトを音センサーで反応させれば、プラズマキャノンが炸裂しているような照明演出も簡単にできます。

 

また、凄腕モデラーのみなさまが出展されている作品の素晴らしさに、終始高揚しまくりで、自分たちも出展者であることを忘れてしまうくらい楽しんできました。

「DORO☆OFF」は、「電飾タイムのある模型作品展示会」と銘打っているだけあって、作品のほとんどが電飾を仕込んで展示されていて、1時間半ごとに行われる「電飾タイム」は、それはそれはキレイでした。

若者の模型離れが囁かれていますが、カノジョと夜景なんか見に行くより、「DORO☆OFF」に来たほうがカノジョとの距離も縮まるのではないでしょうか。。。と思うくらい素敵な時間でした。

写真もいっぱい撮ってきたので、早速ですが素晴らしい作品をご紹介しますね。

 

まずは、主催者でもある、どろうぼうひげさんを筆頭にスタッフの方々の作品から。

 

 

電飾、塗装、演出、可動…  もう模型の域を通り越してますね!流石です!

続いてゲストの方々の作品を。

 

荒川さんの円形劇場、圧巻です!

もう、これだけでおなかいっぱいな感じですが、まだまだ凄腕モデラーさんの作品が続きます!

 

「ディスプレ」のモニターキャンペーンでもお世話になったMASAKIさんの「水没ジオラマ」。
世界観が確立されてますね。

 

個人的にツボだった、SOLさんの作品。ボックスを使って、スクリーンからできて立体化してさらにまたスクリーンに戻ったような見事なまでの表現は写真映えしますね。パースの表現が巧妙でした。

 

スターウォーズ率はもちろん、パシリム率も高かったですね。

なかでも竹下さんの悶絶するくらいの塗装がほどこされたチェルノをはじめ、ヤマモンさんのヘリに吊るされたチェルノの登場シーンは、会場に流れていた♪てれれってれ~のテーマ曲と重なるとサブイボもんでした。

ここまでアップして、電飾タイムの写真が一つもないことに気づきました。。。

他にも、みなさんのスゴイ作品と電飾タイムに映える作品を一気にご紹介します!

 

 

いかがでしたでしょうか。

出展されている作品のすばらしさはもちろん、「電飾タイムのある模型展示会」としての場と空間、そして運営スタッフのみなさまのすばらしさが、「DORO☆OFF」の人気の理由だと思います。
勉強させていただきました。

来年もチャンスがあれば是非とも参加させていただきたいです!